ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクについて >  マスタブートレコードとは?

マスタブートレコードとは?

マスターブートレコードは、ハードディスクのたのもしい管理人といった感じでしょうか。
パソコンが起動してハードディスクを読む時は、最初に「マスタブートレコード」という特別な場所に読みに来ます。
マスタブートレコードはパーティションに属さない特別な場所に用意されています。
そこには、ハードディスク内にどのようなパーティションや論理ドライブが作られているのか、といったハードディスクの構造の情報が入っています。
そうしたパーティションがハードディスクのどの位置にあるかといった、読み書きの制御に必要な情報も入っています。
これらの情報がないと、ハードディスクの内部がどのように管理されているのかわからず、そのハードディスクを使用することはできません。

マスタブートレコードには起動用の基本ソフトがどのパーティションに入っているのか、という情報も入っています。
起動に使うパーティションは複数作ることもできます。
しかし、実際に使われるのはマスタブートレコードで指定されたひとつの基本パーティションだけです。

起動に使うパーティションがわかると、起動中のパソコンは、指定された基本パーティションの中にある「ブートレコード」を読み取ります。
これは「マスタ」ではなく、そのパーティションのブートレコードですので、そのパーティションに関する管理情報が書かれています。

起動用の基本パーティションのブートレコードには、インストールされている基本ソフトに応じて、最初に読む込むべきプログラムが指定されています。
ウィンドウズの場合は、ウィンドウズの本体を読み込んで起動するためのウィンドウズローダーと呼ばれるプログラムが実行されます。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク 起動 マスタブートレコード パーティション 情報 ブートレコード

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー