ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクについて >  ハードディスクは消耗品

ハードディスクは消耗品

ハードディスクが壊れるとデータまで失われてしまうからデータのバックアップは重要なんですね。
ハードディスクは消耗品とさえ言われています。
普通に使っていて5年前後で壊れてしまうものもありますし、早いものだと1年で壊れてしまうことも珍しくはありません。
ハードディスクが壊れてしまうと、そこに記録されているデータを取り出すことが難しくなります。
また、パソコンの誤操作やウイルスに感染してデータが消えてしまう可能性もあります。

このように考えると、パソコンのハードディスクの中に大切なデータを置いておくのは非常に危険な状態であるといえます。
この危険に対しては、やはりデータのバックアップを取らなくてはいけません。

同じハードディスク内の同じドライブの中にバックアップ用のフォルダを作り、そこにバックアップデータを保管する方法があります。
また、同じハードディスク内でも別のドライブをバックアップ用ドライブとして、そこにバックアップ用データを保管する方法があります。
これらの方法だと、ハードディスクに何らかのトラブルがあった場合、元データとバックアップ用データが同時に消えてしまう可能性があります。

やはり、ハードディスクのバックアップは機械的に別のところに記録させたほうがよさそうです。
バックアップデータをCDやDVDに記録させる方法があります。
外付けのハードディスクをバックアップ専用として、そこにバックアップデータを保存する方法があります。

これらの方法であれば、パソコンが壊れようとハードディスクが壊れようと、バックアップデータは影響を受けません。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク 消耗品 危険 バックアップデータ CD DVD

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー

  • iPodの種類
  • ipodとパソコン
  • Q&A
  • もしもの時は
  • アクセサリ色々
  • データ削除について
  • デザインについて
  • ハードディスク
  • ハードディスクについて
  • ハードディスクの有効活用
  • ハードディスクの利用法
  • メリット・デメリット
  • 機能について
  • 購入時の注意
  • 写真・動画
  • 車で利用