ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクについて >  フォーマットとは?

フォーマットとは?

データの記録もパソコンの機種によってファイルシステムの規格も違うんですね。
ハードディスクにデータを記録するためには、どのように記録するのか、といったルールを決めておく必要があります。
ファイルのサイズやファイル名の一覧などを記録しておく場所を、あらかじめ決めておくのです。
データが記録されている場所を示す方法などが決められていないと、ディスクの中のどの場所にデータを読み書きしたらよいのか、わからないのです。

CDやDVDに関しては、読み書きに関する規格、つまりファイルシステムの規格が標準化されています。
例えばデータ用のCD?ROMなら「ISO9660」が基本となっています。
データ用のDVDの場合は、「UDF」という規格があります。
対して、ハードディスクにおいては、使用するOSによってファイルシステムの規格はまったく異なっています。
同じWindowsでも、Windows98/MeとWindows2000/XPとでは異なります。

通常、ハードディスクは通常パソコン内に組み込まれ、パソコンにインストールされたOSによって稼動されるものです。
そのため、インストールされたOSが最も効率よく機能できるように、OSにあわせたファイルシステムを組み込むのです。

市販されているハードディスクは、WindowsでもMacでも問題なく利用できます。
まっさらな状態のハードディスクに各OSが自分用のファイルシステムを組み込むからです。

そのファイルシステムを組み込む作業をフォーマットといいます。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク ルール 規格 ISO9660 UDF ファイルシステム

関連エントリー