ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクについて >  ハードディスクの読み書き

ハードディスクの読み書き

データの読み込みでよく使うものはメモリに置いておけばスピーディーにすませることができるんですね。
ハードディスクの読み書きの方法は、磁気ディスクに読み書き用のヘッドが「機械的」に移動して情報をやりとりする方法です。
そのため、ハードディスクの情報処理の性能は処理装置の性能に比べて、非常に遅いものとなってしまいます。

その問題を少しでも改善するために、ハードディスクにはメモリが搭載されています。
ハードディスクからファイルを読み込むとき、読み込んだデータを、一時的にメモリに貯めておくのです。
次に使うときは、そのメモリから読み込みます。

使用頻度の高いデータをメモリに置いておけば、データの読み出し要求があった時に、いちいちハードディスクからデータを読み込む必要がありません。
そのため、読み込み速度が飛躍的に向上します。

最近アクセスされたセクタの内容を残しておき、次にアクセス要求のあったときにキャッシュ内にその情報があるとします。
そのような時はディスクにアクセスせずにキャッシュから直接読み込むことにより、データ読み込み速度が高速化するのです。

このように、情報のデータの読み込み速度を高速化する技術や、そのために使われるメモリ上の領域のことをディスクキャッシュといいます。

ディスクキャッシュは、同じ内容を何度も読み出したり、小さなデータをたくさん書き込んだりするときに特に効果的です。

ディスクキャッシュとは逆に、半導体メモリの容量の少なさを補うために一部のデータをハードディスクに退避する技術は仮想メモリと呼ばれています。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク メモリ 速度 高速化 領域 仮想メモリ

関連エントリー