ブックマークに追加する

Top >  購入時の注意 >  値段と容量のバランスが大事!

値段と容量のバランスが大事!

無理をして高い大容量のハードディスクを買うより、手ごろな値段のものにしておく方が賢い買い方のようですね。
ハードディスクを選ぶ時に難しいのは、価格とハードディスク容量とのバランスをどのように考えるか、ということです。
同じ価格であれば、もちろん容量が大きいに越したことはありません。
しかし、一般的には大容量のハードディスクほど値段が高くなってしまうのです。
そこで、どこで妥協すればよいのか、ということであれこれと悩んでしまうのです。

ハードディスクを購入する時は、あらかじめ値段を決めておくのもよいかもしれません。

最近では1万円台のハードディスクが最もお買い得かもしれません。
それ以下の値段ではハードディスクの容量が急に小さくなってしまいますので、費用対効果の点で不利になります。
わずか数千円の違いで容量が半分近くになってしまうこともあります。
反対に最新の大容量ハードディスクは値段が急に高くなります。

ハードディスクの大容量化が急速に進み、3年程度で容量は倍近くになっています。
同じ金額を出すのであれば、あとになればなるほど容量の大きなハードディスクが手に入るわけです。
それを考えると、無理をして高い大容量ハードディスクを買うよりも、手ごろな値段のハードディスクを選んでおくのが賢い方法です。
近い将来、ハードディスクの容量が不足してきたら、その時点で最もお買い得なハードディスクに交換すればよいのです。
また、一般的にハードディスクは容量が大きくなるほど読み書きも高速であるため、スピードアップの効果も得られます。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク 価格 容量 妥協 費用対効果 大容量化

関連エントリー