ブックマークに追加する

Top >  購入時の注意 >  容量は大きいほうがいい?

容量は大きいほうがいい?

容量が大きければそれだけ値段も高くなるというもの、どんな使い方をしているかニーズにあわせて選ぶといいんですね。
ハードディスクを増設しようとします。
ハードディスクを選ぶとき、どのくらいの容量のハードディスクを選んだらよいのでしょうか。

パソコンはさまざまな用途に使用されています。
あれこれやってみようという気になれば、パソコンの用途は無限に広がっていきます。
現在使用しているハードディスクの容量に不満はなくても、近い将来たくさんの容量が必要になるかもしれません。
そのため、ハードディスクの容量は大きいに越したことはありません。
しかし、大きければ大きいほどよいのか、というとそうではありません。
一般的にハードディスクの容量が大きくなればなるほど、値段も高くなってしまうからです。

ワープロや表計算などのデータはそれほど大きくありません。
ハードディスクに書き込むデータが主にワープロや表計算のデータであるならば、それほど大きな容量のハードディスクは必要でないかもしれません。

デジタルカメラで撮影された画像や、ビデオカメラで撮影された動画などをハードディスクに書き込むとします。
これらのデータはひとつひとつのファイルサイズが非常に大きなものとなりますので、大きな容量のハードディスクが必要となってきます。

そのパソコンが現在どのような使われ方をしているのかよく確認し、将来どのように使っていきたいのかを想定する必要があります。
どうしても大きな容量が必要であれば、少々コストが高くなっても、大きな容量のハードディスクを選ばなければなりません。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク 増設 容量 値段 画像 動画

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー