ブックマークに追加する

Top >  購入時の注意 >  ハードディスクの種類

ハードディスクの種類

内蔵型は、安くて場所をとらないのがよくて外付け型は、専用ケーブルで簡単接続、そのかわり内臓型より値段が高いんですね。
ハードディスクの形状に、内蔵型ハードディスク、外付け型ハードディスクがあります。
それぞれのハードディスクにはどのような特徴があるのでしょうか。

内蔵型ハードディスクは、パソコンの本体の内部に取り付けて使用するハードディスクです。
デスクトップパソコンは3,5インチのハードディスクが主流で、IDE規格とSCSI規格の2種類があります。
ノートパソコンでは2.5インチのハードディスクでIDE規格が採用されています。
内蔵型のハードディスクのメリットとしては、まず値段が安いことがあげられます。
そしてパソコン周辺にハードディスクを設置するスペースも必要ではありません。
ただし、パソコン内部に空きスロットがないと設置できません。
また、当然のことながら設定の変更や確認の際には、パソコン本体のケースを開ける必要があります。

外付けハードディスクは、パソコンの外部に設置して使用するハードディスクです。
外付け型には、SCSI規格、IEEE1394規格、USB規格などがあり、パソコンとハードディスクを専用のケーブルで接続します。
ただし、パソコン側に接続ポートがない時は、それぞれの拡張カードを装着する必要があります。
外付けタイプの特徴は、パソコンとハードディスクをケーブルで接続するだけなので、接続や増設が簡単に行えることがあげられます。
ただし、内蔵型のハードディスクより値段が高く、パソコン周辺にハードディスクを設置するスペースが必要になります。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク 内蔵型 外付け型 安い 高い スペース

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー