ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクの利用法 >  ハードディスクの利用法はいろいろ

ハードディスクの利用法はいろいろ

ハードディスクの利用方法は区切らずに使う方法と2つに区切って使う2つの方法があるんですね。
ハードディスクの使い方はいろいろ考えられます。
ハードディスクをパーティションで区切らずにひとつのドライブとして使用する方法があります。
これはひとつのドライブだけですべての容量を使用し、アプリケーションソフトやデータをフォルダで区別する方法です。

ハードディスクをふたつのドライブに区切って使用する方法があります。
これはひとつ目のドライブにアプリケーションソフト、ふたつ目のドライブにデータを保存していく方法です。

ハードディスクのパーティションの数と容量は原則として後から変更することはできません。
もし変更するとすれば、領域の確保から始めなければならず、ハードディスクの中にあるデータはすべて消去されてしまいます。
したがって、ハードディスクの内容をすべてバックアップする必要があり、とても面倒な作業となります。

半分に分けたパーティションの片方、つまりアプリケーションソフト側だけが一杯になってしまったとします。
データ側にまだ容量の余裕がある場合、データ側の領域をアプリケーション用のパーティションに移して使いたくなります。

このような場合、パーティション管理ソフトを使います。
操作時に表示されるウィザード画面に従いながらクリックするだけで、パーティションのサイズ変更、コピー、ファイルシステムの変更などが行なえます。
ハードディスクの中身をすべてコピーし、初期化をやり直す手間を考えると、とても便利なものであるといえます。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク ドライブ パーティション アプリケーションソフト データ パーティション管理ソフト

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー