ブックマークに追加する

Top >  データ削除について >  ごみ箱に入れてもデータは完全に消えてない!

ごみ箱に入れてもデータは完全に消えてない!

ごみ箱に入れて削除したと思ってたら簡単に復元できちゃうんでしたね。気をつけよっと!
Windowsで削除したデータはゴミ箱に入ります。
ゴミ箱に入っているだけであれば、簡単に元の場所にそのデータを戻すことができます。
ハードディスク内にデータを残しておきたくないのであれば、ゴミ箱を開いて中のデータを削除すればゴミ箱からも消えて復活できなくなります。

しかし、ゴミ箱から消して、ハードディスクから削除したファイルも、ファイル復活用のソフトを使用すれば、ある程度は復活できます。
ハードディスクから完全に消したつもりでも、なぜ復活してしまうのでしょうか。

ファイルを削除してもデータが完全に消えないのは、通常のデータ削除操作はデータの管理情報に削除マークを付けているだけだからです。
つまり、見かけ上削除されているだけで、ハードディスクから完全に抹消されているわけではありません。

新たにデータをハードディスクに書き込む際は、削除マークのついている領域を未使用領域と判断してデータを上書きしていきます。
よって、データを完全に削除したい時は、データを削除した後に未使用領域を何らかのデータで上書きする必要があります。

WindowsXPでは、データを完全に抹消できるコマンドが用意されています。「cipher」コマンドです。
このコマンドは未使用領域にゼロを書き込み、その後未使用領域に255を書き込み、最後に乱数を書き込むというものです。
この方法を使うと元のデータは完全に削除されますが、3回の上書きを行うため、コマンドの実行には時間がかかります。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報


ハードディスク ゴミ箱 復活 削除 未使用領域 上書き

関連エントリー

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー

  • iPodの種類
  • ipodとパソコン
  • Q&A
  • もしもの時は
  • アクセサリ色々
  • データ削除について
  • デザインについて
  • ハードディスク
  • ハードディスクについて
  • ハードディスクの有効活用
  • ハードディスクの利用法
  • メリット・デメリット
  • 機能について
  • 購入時の注意
  • 写真・動画
  • 車で利用