ブックマークに追加する

Top >  ハードディスクの有効活用

ハードディスクの有効活用

最新記事

読み書きの速度が遅くなる原因

なるほど、別々の場所に保存されてしまうから開くスピードが遅くなっちゃうんですね。
ハードディスクを使用していると、しだいに読み書きの速度が遅くなりますが、その原因のひとつとして、ハードディスクの断片化があげられます。
ハードディスクを新品の状態から使い始めると、新しいファイルはハードディスク内の未使用領域に書き込まれます。
この場合、書き込まれたファイルは連続した状態で記録されていきます。
そして、連続した状態で記録されているので、読み取る際も連続して読み取ることができます。

しかし、ハードディスクをしばらく使っていくうちに、一度作ったファイルを削除することもあります。
ファイルが削除されると、削除されたところだけが、未使用領域の状態に戻されます。
未使用領域ですので、次からは新しいファイルをその未使用領域に記録させることができます。

このような状態で、ハードディスクに新しいファイルを記録させるとします。
新しいファイルはまず、最初の未使用領域に記録されます。
そして、ファイルの容量が大きく、その領域に収まらない場合は次の未使用領域を探してファイルの残りのデータはそちらに記録します。
ファイルを記録し終えるまで、それらの作業を繰り返します。

このように、ひとつのファイルが分割されて保存される現象を断片化と呼びます。
ハードディスクにファイルの記録や削除を繰り返していくうちに、断片化は進行していきます。

ファイルがハードディスク内の別々の場所に記録されているため、連続して記録されている時に比べ、読み取るのに時間がかかるようになります。

温泉人気ランキング

薬用凌駕の激安通販

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の評判レビュー

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の体験談

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法の口コミ情報

RSS購読

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • エキサイトリーダーに登録

カテゴリー